埼玉県でも急増する永代供養墓の現状

お墓は、政府の数々の経済失策や少子高齢化及び人口集中などへの対応の遅れにより、埼玉県に限らず日本全国で大きな社会問題となっており、2040年頃まで年間死者数が30万人以上増加するとされ、益々お墓の問題は深刻化するとされています。


加えて、国民の救済を至上命題とする大乗仏教の流れを汲んでいる筈の日本仏教界は、国民を救済するどころか経済不況に喘ぐ国民から非常に高額な戒名料や離壇料、入壇料など様々な形で搾取し続けて来た為、元々無宗教な日本人の民族性と相まって急激な仏教離れが進んでおり、先祖代々の墓の継承問題と共に急増する寺院の閉鎖によるお墓問題も懸念されています。



その為、埼玉県など地方都市では墓じまい後の改葬先や自分の遺骨の埋葬先として永代供養墓を選ぶ人達が非常に増えています。


永代供養墓は、自分達代よりも更に墓問題が深刻化する時代を生きる子世代や孫世代への負担軽減を目的として選択する人が多く、特に団塊の世代以降は自分達の事すら知らない世代に供養して貰う事への疑問を抱いている人もいます。
永代供養墓の増加は、長く続いて来た先祖信仰の崩壊を意味するだけで無く、太古より穢れとされた死への畏怖の念が希薄化したとも言えます。

すごく便利なエキサイトニュースに有効なサイトの紹介です。

その為、80歳を超える高齢者は、現代の葬儀や墓制を故人への孝心の欠如や不敬だと非難される事もしばしばありますが、永代供養墓は埼玉県などの地方都市のニーズに最も適した葬送方法と言えます。