埼玉県でも増加している永代供養墓

現代社会では、人口が過剰に都市部に集中している為、埼玉県西部などの過疎化が進む地域では先祖代々のお墓を供養し続けたいが後継者がいなかったり、先祖代々のお墓だけが埼玉県に取り残されているなど経済的な問題以外にも墓制の継承を阻害する要因が存在しています。



その為、埼玉県を始めとする地方都市にお墓を所有する人達の間で、墓じまい後の改葬先として永代供養墓が急増しています。



永代供養墓は、基本的に高額な墓石を購入する必要が無いので改葬時の初期費用が大きく削減出来、遺骨を宅配便で寺院に送付する送骨ならば3万円前後で永代供養を請け負う寺院もあります。

又、永代供養墓には、合祀墓や納骨堂、樹木葬、個人及び夫婦墓などの形が存在します。


合祀墓は、他の遺骨とともに1つのお墓に埋葬されるので費用的に非常に安く済ます事が出来ますが、埋葬後に故人の遺骨だけ取り出す事は出来無いデメリットがあります。
納骨堂には、ロッカー式や仏壇式、自動搬送式、室内型墓地など多様な種類が存在し、タイプだけで無く立地や運営母体などにより大きく費用が異なります。

47NEWSに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

ロッカー式は、韓国ドラマで良く見かけるタイプの安価な納骨堂ですが、骨壷と位牌などを納めるのが精一杯のスペースしか確保されていない上に、上下左右にも納骨されているので供物をするスペースが無いデメリットがあります。


仏壇式は、縦長のロッカーに仏壇が収められているタイプの納骨堂であり、遺影や思い出の写真、供物などを置くスペースがある事で通常の墓参りと変わら無いとされています。

自動搬送式は、タワーパーキングの様に遺族の前にコンピュータ制御で自動的に納骨箱が搬送されて来るタイプの納骨堂です。
埼玉県でも増加している永代供養墓ですが、様々な種類があるので将来にわたって自分の家族にニーズに合っているタイプを選ぶ必要があります。