埼玉で行うことができる自然葬

自然葬は樹木などの下に納骨を行うもので、従来のお墓とは違い永代供養と似た方式をとっている納骨の一つの方法です。



自然に還る、ということを大切にしていることから自然葬と呼ばれています。始めは一人ひとりのスペースに納骨されていても十三回忌などを済ませてから合祀となることもあり、場所によって様々な方法があります。また、お墓の管理は寺院等が行っているので、管理の心配がありません。


東京に近い埼玉においても自然葬を行うことができます。

マイナビニュース情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

埼玉では川口市や北葛飾郡を中心に行うことができ、主に公園型になっていることが多いです。


芝生に納骨スペースを設け、プレートを置くことができたり、樹木の場合にもさりげなく目印がついているので、どの位置に納骨してあるのかがわかります。



一つのカロートに一人ずつ納骨するのが一般的ですが、埼玉の場合はペットや家族も一緒に納骨できる場所が多いです。


永代供養と同じように宗教や宗派は問わないことが多く、だれでも利用することができます。


また、生きている間は管理費がかからない所もあるので、生前にどのようなところが良いのかじっくり考え、場所を押さえておくこともできます。

なお、先祖代々のお墓がある場合、どのようにしていくかを親戚と話し合うことが必要となります。
墓じまいをする場合もあり、従来のお墓は誰が管理するのか、など決めることがたくさんあるので、十分に話し合いをしてから自然葬への手続きをすると良いでしょう。