埼玉で永代供養墓を探すには

永代供養墓は、通常のお墓と異なり管理の必要がありません。
生前に申し込みができるところが多く、後継ぎがいない場合にも利用することができ、場所によっては宗教や宗派に関係なく利用するところもあります。


埼玉の場合は、寺院で永代供養墓を設置しているところと、公園型になっているところとが種類豊富にあるので、どこが良いかじっくりと考えることができます。

永代供養墓には塔の形をした納骨塔型、古墳のようになっているものを納骨陵型、ロッカーのようなロッカー方式、お堂のような場所に納骨する納骨堂型があります。メモリアルパークでは、広場に小さなプレートを設置し、納骨されている場所がどこなのかわかるようにもなっています。



埼玉の場合も様々な方式を取り入れており、自分だけでなく、家族も入ることができる場所もあります。



どの場所も緑を意識しており、従来のようなお墓の雰囲気はありません。

気軽にお参りできる雰囲気となっています。

2ちゃんねるの情報が欲しい方必見です。

埼玉の場合、交通の便が良い場所が多く天候が悪くても気にならない室内式のものも多いです。

高齢の場合は気軽にお参りできるよう、交通の便に注目して選んでも良いでしょう。

永代供養墓は、様々なメリットがありますが、一度納骨してしまうと取り出せないなどのデメリットもあります。
また、三十三回忌の後は合祀となることも多いです。


家族の考えが一致していないとトラブルになることもあるので、永代供養を考える場合は事前に自分の考えを伝えるようにします。